トレード日記毎日更新中!

FX×心理

FXバックテスト

楽天ポイント

エントリー即含み損をやめたいならブレイクワンタッチ(リテスト)を狙え!

スポンサーリンク
桃taroの犬
桃taroの犬

水平線を引いて、ブレイクしてからエントリーしてるのに即含み損…

taro
taro

上手くいくこともあるけど、ダマシにあったり含み損が大きくなる可能性があるね

ブレイクアウトはFXのテクニカル分析をするうえでたくさんの人が意識する動きだと思います

水平線やトレンドライン、移動平均線などのラインに沿って動いていたローソク足が、ラインを突き抜けてラインの反対側にいく値動きです

ブレイクアウトが起こるとその方向にトレンドが発生していくことが多いので、上にブレイクアウトしたからロング、下に抜けたからショートというのはトレード手法として悪いものではありません

ですが、ひと手間加えるとさらに勝率、値幅をアップすることができます

そのひと手間が今回紹介する”ブレイクワンタッチ”です(リテストともいいます)

ブレイクワンタッチ出現時のトレード
スポンサーリンク

ブレイクワンタッチの値動き

ここでは水平線を上にブレイクしたときを例に挙げて解説していきます

レンジ相場で頭を水平線に抑えられて推移してきたチャートが、ついに水平線を上に突き抜けてブレイクアウトしました

ここですぐに、やっとロングでエントリーできる!と思って飛びついてはいけません

ブレイクアウト後にチャートはもう一度水平線にワンタッチしに戻ってくるからです

ワンタッチしてもう一度上に行く動きを確認してからロングエントリーするのが値幅的にも勝率的にも手堅いトレードになります

スポンサーリンク

なんでブレイクワンタッチを狙うのか

ブレイクワンタッチを狙うメリットは2つあります

ブレイクワンタッチを狙うことで勝率があがり、また、勝ったときの利幅が増えるのです

もう少し詳しく解説します

ブレイクワンタッチで勝率アップ

水平線をブレイクした直後にエントリーするのと、ワンタッチを待ってエントリーするのでなぜ勝率が変わるのでしょうか

ブレイクアウト直後にエントリーするとダマシにあうことがあるからです

下の図のように水平線を上に一度抜けた後にまた水平線の下に戻ってしまうパターンです

水平線を引いてみるとわかりますが、上ヒゲだけ水平線から飛び出た状態になることがあると思います

ブレイクアウト即エントリーを狙っているとこういう値動きに騙されてロングして含み損を抱えてしまうことになります

ワンタッチして再度上に行く値動きを確認してからロングすることによって、このダマシを回避することができ勝率アップにつながるということです

ブレイクワンタッチで利幅アップ

続いてブレイクワンタッチで得られる利益の幅が増える理由の解説です

ブレイクアウト直後を狙う場合、すぐにエントリーできれば値幅はワンタッチ後と変わらない、もしくは、よりよいレートで入ることができます

ですが、常にチャートを見ていることができなかったり、瞬間的な値動きでエントリータイミングを逃してしまうことがあります

このときに慌てて飛び乗ると理想のレートより少し高いレートでエントリーしなければならなくなります

利確のレートが同じとき、利幅の差はエントリーしたレートの差になります

ワンタッチ後を狙う場合、ある程度心の準備をして待ち構えることができるのでより有利なレートでエントリーできる可能性が高くなります

スポンサーリンク

まとめ

ブレイクアウト直後を狙うのではなく、ブレイクしたラインに戻ってくるワンタッチの動きを待つ手法とそのメリットを解説しました

この値動きのパターンを意識してトレードすることで勝率も勝ったときの値幅もアップできると思います

そしてもう1つ大事なのが、このブレイクワンタッチを使うときの考え方にもあると思います

ブレイクワンタッチを待っているとワンタッチせずにそのまま急角度で上昇、下降してしまってエントリーできないこともあります

ですが、エントリーできない分は良しとして確実な方法を淡々と実行していく。エントリーできそうなタイミングすべてでトレードをしたがらないというのがトレードで勝つために必要な心構えなのかもしれません

コメント

タイトルとURLをコピーしました