トレード日記毎日更新中!

FX×心理

FXバックテスト

楽天ポイント

【初心者向け】株式投資のリスクを具体的に解説 株価が暴落したらどうなる?借金を背負う可能性はある?

スポンサーリンク

投資をはじめるときは誰もが損失をすることが怖いです

株式投資だと最低数万円から、高いもので100万円を超える金額が1単元の株を買うために必要です

そんな大金を一瞬にして失う可能性があるんじゃないかと僕も株を始めたてのころは思っていました

ですが、実際にはそんなことはほとんどなくて(可能性が0とはいいきれませんが)、リスクをしっかり把握しておけば最初の一歩はそこまで怖くなくなるんじゃないかと思います

この記事で、株式投資のリスクとその回避方法を勉強していきましょう

スポンサーリンク

株はどれくらい損するものなのか

株式投資をしたことがない人にとっては株価が1日でどれくらい変動するかとかもよくわからないと思います

僕はそれが怖さの原因だと思います

株式投資のルールや基本的な取引方法、実際の値動きを見ながらどれくらい損が”できてしまう”ものなのか見てみましょう

借金を背負うことはまずない

現物取引と呼ばれる市場に出回っている株を買ってそれを売るという取引きをしている限りは借金になることはまずないです

最悪投資したお金が0になるだけです

信用取引という自分の資金の3倍までの金額を動かせる取引きをした場合はこの限りではありませんが、初心者のうちはこの信用取引を行うこともできないので投資資金を借金して準備したりしなければ大丈夫です

株式投資で借金を背負わないために
  • なくなっても問題ない範囲の金額で投資をする
  • 資金を借金して準備しない
  • 信用取引をしない
スポンサーリンク

最悪ストップロスがある

株の場合、ストップ高、ストップ安というものがあります

1日で変動する値幅が決められていてそれ以上は一方向に動くことはありません

下に楽天証券の場合の制限値幅の表を貼っていますが、だいたい20〜50%の範囲で制限されています

このストップ安のおかげで1日で借金どころか株が紙切れに、なんてことすらないわけです

スポンサーリンク

損切り注文(逆指値注文)をセットしてリスク管理

ストップ安があるから1日で元本が0になることはないといってもストップ安になること自体相当な下落です

それよりも小さい値幅で損切りをしてできるだけ傷口を小さく抑えましょう

損切りというのは、買ったときより株価が下がって含み損が出た株を売ることです

一度下がり始めた株価は上昇のときよりも勢いよく下がっていくことが多いので、危ないと思ったら急いで損切りしないと手遅れになってしまいます

会社勤めなどで常に取引できる状態出ない人でも、逆指値注文を事前に入れておけば大丈夫です

自分がチャートを見ていないときでも事前に設定した値まで株価が下がった時に勝手に決済注文を出してくれるので、損失を想定の範囲内に抑えることができます

その後株価が復活するかもしれないからキープしたい、という気持ちもとてもよくわかるのですが含み損が大きくなってくるとだいたいの人は冷静でいられません

いったん損切りして気持ちを落ち着けて、また上昇の兆しがみえてきたときに再度買いなおすのがいいと思います

スポンサーリンク

実際の値動きのイメージを知る

ストップ安や逆指値注文で損失は制限できることがわかりましたが、実際どれくらいの損失を覚悟しなければいけないのか、実際のチャートで確認してみましょう

大型株は値動きが大きい

任天堂 株価チャート

任天堂 1時間足 @TradingView

みんな大好き任天堂の1時間足のチャートを貼っておきました

1時間で500円くらい動いているところもありますね

パーセンテージでいうと1%弱くらい

最小単位である100株を持っていた場合5万円分の値動きです

株式相場では値動きの大きさは何円動いたかではなく、何%動いたかが基準になります

なので株価が高い銘柄ほど値動きの絶対値は大きくなります

初心者のうちは値嵩株と呼ばれる株価の高い銘柄を少ない資金で全力で買うことは避けた方がいいです

勝てればいいのですが、負けた時のダメージが大きくすぐに株式市場から退場することになるかもしれないからです

投資で大事なのは、まずは生き残ることです

勝ってお金を増やしていくのを考えるのは、最低でも1年市場で生き残ってからです

小型株は値動きが小さい

みずほフィナンシャルグループ 株価チャート

みずほフィナンシャルグループ 1時間足 @Trading View

次は小型株です

みずほフィナンシャルグループといえば誰もが知っている銀行の会社ですが、その株価は結構安いです

この記事を書いているときはコロナショックのせいかさらに一段と安いですが僕が株を始めてからだいたい170~220円くらいの範囲で推移している銘柄です

画像を貼っている期間では値動きが大きいところでせいぜい1時間で1円くらいです

やはり1%弱の値動きですね

1円の値動きなら100株で100円程度の値動きなのでダメージは少ないです

もし、株価が0円になったとしても12000円強なので立ち直れないほどではないでしょう

スポンサーリンク

まずはリスクを抑えて1年間生き残ることを目標に

はじめから資金の何十%も利益を出すなんてことはよっぽど天才じゃないとできないと思います

それだけのチャンスを追い求めるということはその分リスクに資金をさらすということでもあるので、退場の危険性も高まります

まずは自分が許容できる損失の範囲をしっかり決めて、資金を大きく減らすことなく株式投資を1年間続けるというのを目標にやってみてはどうでしょうか

スポンサーリンク

まとめ

株式投資のリスクについて書いてみましたがどうだったでしょうか

リスクを知れば過度に怖がりすぎることなく投資にチャレンジできると思いますし、リスクを知ってしっかり管理することが投資家として成功するためのポイントだと思います

株式投資のリスク
  • 信用取引は借金の恐れがある
  • 大型株は値動きが大きい
  • 値動きが小さく資金も少なくて済む小型株が最初はおすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました