トレード日記毎日更新中!

FX×心理

FXバックテスト

楽天ポイント

株とFXどちらが難しい?勝てる?

スポンサーリンク

株とFX

どちらも売買のタイミングを見計らって、安く買って高く売るもしくは高く売って安く買うことで利益を出すという意味では似ていますがどっちがより稼げるのか?難しいのか?気になりませんか?

それぞれの特徴とどちらが難しいのか?どんな人にどっちが向いているのか?解説していきます

スポンサーリンク

短期トレードなら株もFXも同じ

株もFXも短期的な値動きで利益を出すスキャルピングとかデイトレードなら大して変わらないと思います

どちらもトレーダーがローソク足チャートを分析して上に行くのか、下に行くのかというのを予測してトレードをしています

株には銘柄の業績の良さとかが影響するというイメージを持っている人も多いと思いますが、ごく短期間でトレードを繰り返す手法をとっている人たちはそんなものは気にしていません

ローソク足チャートのパターンやインジケーターからみんなが株を買うタイミング、売るタイミングを見計らって自分の売買を決定します

というわけで、株もFXも短期トレードなら同じようにローソク足チャートを分析してトレードする点は共通していて、やりやすさは同じといえると思います

スポンサーリンク

株には銘柄選定が必要

株式取引をするためにはどの銘柄を買うのかを選ぶ必要があります

何千社と銘柄はあり、これらすべてをトレードすることは資金や分析処理能力的に不可能です

短期トレードをするなら取引が活発に行われていて、出来高が大きくて、短時間でしっかり値動きがでる銘柄でなければいけません

長期トレードをするなら、業績や事業に長期的な魅力があり今後も多くの人が投資をしたくなるような銘柄を選ばなければ株価の上昇は期待できません

この銘柄選びが株式取引の楽しみの1つであると同時に難しさでもあります

選ぶ銘柄が悪いと日経平均は好調なのに自分が持っている銘柄値下がりしているなんてこともあり得ます

短期トレードの場合値動きがあればなんでもいいので、それを探すのが煩わしいと感じるのであればFXトレードを考えるのもいいと思います

FXの場合多くても20種類くらいの通貨ペアから選ぶことになるので、簡単に選べます

その中でもメジャーなユーロドルやドル円、ポンド円あたりが値動きが活発で短期トレーダーの多くはこれらの通貨ペアでトレードをしています

取引対象を選ぶのに時間を使うよりトレードをどんどんしていきたいという人にはFXの方が向いているかもしれません

スポンサーリンク

長期トレードでは株とFXは明確に違う

長期トレードの場合、株とFXでは考え方が全く違ってきます

株の場合は長期的に成長を続ける企業かどうか、将来の展望が期待できる事業かどうかといったところを吟味し投資銘柄を決定します

なので一度買ったらずっと上昇することを信じて持ち続けることになります

持っている株を育てるような気持ちで投資することになります

ちなみに、株も売りから入ることはできますが、あるタイミングでガッと売ってすぐに手仕舞うというのが基本で長期的に売った状態でいることはありません(ルール上も買い戻す期限が決まっているので、長い期間売りの状態でいることはできません)

一方FXでずーっと一方向にレートが動き続けることはありません

あまりにも通貨ペアのレートが極端なレートに達してしまうと、それぞれの通貨が流通している国で不都合が生じます

今、日本政府がそうしているように為替相場に政府が介入してバランスを取ろうとすることもあります

なので、常に一方向に為替レートが動き続けることはありません

長期的に見るとある範囲をレートが上下に往復しているようなイメージです

なので、常にレートが上に行くのか下に行くのかを考えながらトレードすることになります

スポンサーリンク

少ない資金で始められるけど、怖さもあるFX

FXの特徴としてレバレッジがあります

自分が持っているお金の25倍のお金を動かして取引をすることができます(海外FX口座なら888倍なんてところもあるようです)

このレバレッジがあるおかげで少ない資金で大きなお金を動かすことができます

株でも信用取引といって元手の3倍の取引きができる制度がありますが、それでも3倍です

この25倍レバレッジがあるおかけで元手が10万円でも250万円が動かせるのでドル円で2万通貨弱動かすことができます

これだけの量が動かせれば、いいタイミングであれば1日で2万円稼げる場合もあります

10万円の元手で2万円なので1日で20%増です
やばくないですか?

だけど気を付けないといけないのはこれと同じスピードで損する場合もあることです

FXは感情的にトレードをするとどんどん負けていきます

感情のコントロールや感情に左右されないトレードができない初心者のうちは、いきなりハイレバレッジでトレードをするのは危険です

個人的には最初は低レバレッジでFX、できればレバレッジの効かせようがない個別株とか投資信託を少額でやってみて自分がお金を投資してお金が増えたり減ったりする感覚に慣れてから少しずつ取引金額を増やしていくのがいいと思います

スポンサーリンク

結局どっちがいいの?

いろいろと書いてきましたが結局株とFXどっちが勝てるのか?難しいのか?僕なりの結論を書いていきます

無難なのは市場全体に投資する投資信託+定額購入

いきなり株でもFXでもない”投資信託”です

ですが本当にこれが一番被害が少ないと思うのでより広い範囲の人に勧められる方法です

S&P500とか東証一部とか市場全体に投資するような投資信託を買うのが、一番無難と思っています

当然、景気が悪い時にはこれらの投資信託の基準額も下がるので一時的にマイナスになることはあります

そんな時は安く買えるチャンスととらえましょう

一度に全部の資金をつぎ込むのではなく、月一とかで定期的に一定の金額を買っていくのがさらに無難です

これはドルコスト平均法というれっきとした投資手法で、高いときは少なめに、安いときは多めに投資信託を買うことになるので平均取引単価が下がるので利益が出やすくなります

短期間で大勝ちというのは難しい方法でもありますが、大負けも少ない方法なのでまずはこの方法で金融取引の雰囲気に慣れていくのがいいと思いますし、これをずっと続けていくこともアリだと思います

銘柄選びの楽しさ、銘柄への愛着をとるなら株 頻繁に取引したくない人にもおすすめ

銘柄選びは株式投資の最も大きな楽しみです

将来のテンバガー(株価が10倍になること)を夢見ながらいろんな企業の業績や事業内容を眺めるのはネットショッピングよりも楽しい人もいるかもしれません

また、自分の好きな会社の銘柄を持っている、それを少しずつ買い増していくというのも何となく気分が高まる行動です

一方で将来性がないとわかった時点ですぐに損切りを行って次の銘柄に行くことも重要です

稼ぐためにはこれまでの銘柄選定方法は何がよかったのか、何が悪かったのかを常に振り返りながら自分の取引をアップデートしていくことが必要です

ローソク足チャート分析が好き、レートの上下を当てるのが楽しいならFX

FXには銘柄選定はありません

最初にこれと決めたら1つか2つの通貨ペアに絞ってトレードをします

通貨ペアにはそれぞれの特徴があるので、それを把握して取引きした方が勝てる確率が高くなるからです

FXトレードで勝つために行うことはチャート分析がメインです

自分なりの得意パターンを見つけて、売買判断をしてトレードをしていきます

株は基本的に上がることだけを考えて株を買いますが、FXは上がることも下がることも視野に入れてトレードをします

この上下どちらに行くかの予想が当てるという要素はFXの方がより大きいです

怖い点としては株より大きい金額を動かせてしまうので、また、売り買い両方向でトレードできてしまうために短い時間で資金を失ってしまう可能性が株よりも高いことです

資金管理能力、自分の感情のコントロール力が求められます

コメント

タイトルとURLをコピーしました