トレード日記毎日更新中!

FX×心理

FXバックテスト

楽天ポイント

【簡単】S&P500 CFDトレード 勝つためのたった4つのルール 【下ヒゲを狙え!】

スポンサーリンク

僕はCFDを初めて約半年で25%の利益を上げることができました

もっとすごい人はたくさんいるでしょうが、これまで株、FXとやってきて個別株はやめて、FXはやっと2年強でやっと1年単位で数%プラスになれたくらいの僕が、この成績はすごいことなんです笑

特別なことをやっているわけじゃなく、簡単な4つのルールを守るだけです

僕のトレードの考え方と、簡単な4つのルールを紹介します

スポンサーリンク

S&P500 CFDトレード 4つのルール

ルール① エントリーはロングのみ

S&P500 月足チャート

S&P500はアメリカの代表的な株500銘柄の株価を平均した指数ですが、長い目線で見ればずっと上昇し続けています

つまり、ロングしとけば間違いないわけです(笑)

短期的に下がることがあっても、ずっと待っておけばいつかはプラスになるのです

ルール②損切り逆指値は遠く

ルール①にも通じるところがありますが、ロングしたらプラスになるまで待つというのが基本スタンスなので損切りはほとんどしません

半年前にCFDを始めてから損切りは1回しかしたことがありません

それももう少し逆指値遠ざけないとなーと思ってたのを変更し忘れて決済されていたというものです

しかもその後すぐに反発してレートは回復していました…

このことがあってからより逆指値は遠くにおくようになりました

ルール③できるだけ有利なレートでエントリーする

S&P500の値動きを僕は3つに分けてとらえています

S&P500の3つの値動き
  • 上昇
  • レンジ 2,30pipsの幅でヨコヨコ
  • 下落  200pipsくらい

基本S&P500は基本上昇しているとさっき書きましたが、1時間足〜日足レベルでは下落はちょいちょいあります

僕のトレードではそういう下がったところを狙います

レンジなら下限でエントリーして上限で決済

大きく下落したときは200pipsくらいまでは下がることを想定しつつ、段階的にエントリーして下落が始まったレートを決済ポイントにします

ときどき調子よく上昇することがありますが、そういうときも慌てて飛び乗ることはしないようにしています

移動平均線から離れると、一旦戻ってくる可能性が高いのでそのレートまで戻ってくるところに指値を置きます

その後も上昇を続けてエントリーできないことはありますが、含み損を抱えるよりはいいです

そして上昇をCFDで追いかけない理由はもう1つあります

ルール④上昇基調は投信、ETFに任せる

僕がS&P500のCFDトレードで上昇トレンドを追いかけない理由は、上昇基調のときは投信、ETFでその恩恵を受けることができるからです

僕はS&P500の投信(eMAXIS Slim S&P500)とETF(VOO)を買っています

上昇基調のときはそちらの含み益が増えていくことになるので、CFDで無理に利益を増やそうとする必要はありません

逆にS&P500がレンジだったり、下落しているときは投信、ETFは値動きがないのでそういう期間を利益につなげたいと思ってCFDをはじめました

投信、ETFを少しずつ決済して下がったところで買い直すということもできなくはないですが、CFDの方が売買がタイムリーにできます

スポンサーリンク

下ヒゲを狙え!

ここまで4つのルールを紹介しましたが、なんかピンとこない、ありきたりだなーと思ってる人のためにもう1つS&P500のルールCFDトレードのコツを教えます

それは下ヒゲを狙うことです

金taro
金taro

そんなこといったってどこがヒゲになるかなんてわからないよ

taro
taro

僕もどこで出るかはわかりません笑。でも…

下ヒゲが出る位置は僕にもわかりません

ですが、S&P500 1時間足のチャートをずっと見ているとわかってもらえると思うんですが、長めの下ヒゲができることが多いように僕は感じています

また、ヒゲにならなくても一晩のうちに下落して、1日後には下落前のレートに戻っているというようなことが多い指標だと感じています

そういう下げのときには50pipsくらいは普通に下げます

なので普段は上昇基調で遠目の指値をおいておくと全然刺さらずにちょっとじれったいのですが、時々来る大きめの下げでエントリーすることができれば、含み損を抱えるストレスは少なくして利益を出すことができます

上昇基調の中の谷を狙いたい
スポンサーリンク

この手法のメリット

難しい判断を必要としない

エントリーはロングだけ、基本損切りはしないというスタンスなので考えることがあまりなく、悩むことがありません

できるだけ利益を伸ばそうと思うとできるだけレンジの下限ピッタリのところでエントリーすることが必要になりますが、今のレートの10pips下で入って、今のレートで決済することを目指していけばそこそこの結果になると思います

拘束時間が短い

僕はこのトレード手法で1日10分くらいしかチャートを見ていません

朝と夜に少しチャートを見て、値動きにあわせてエントリーの指値注文の位置を修正する、利益確定の指値を修正するくらいのことです

忙しい会社員の方にはおすすめの方法です

スポンサーリンク

ちょこちょこ利益がでる

投信、ETFは基本買ったらおいておく長期投資をする方が多いですが、それだけだと退屈だと感じることもあるんじゃないでしょうか

このCFDの手法だとレンジ相場でも1,000円ずつ週2,3回は利益確定できるので、稼げてるという実感が湧いてモチベーションが上がります

また、CFDで得た利益を投信、ETFに回すことで長期投資の入金力アップにも繋げられます

この手法のデメリット

大暴落がきたときに負ける

この記事の前半で心の中でツッコミを入れた方も多いと思いますが、この手法が今の所うまく行っているのは、コロナショックのような大きな下落がまだ来ていないからというのが大きいです

損切りをしないという対応は上昇基調ではうまくいきますが、一時的に1,000pipsも下げるようなことがあると強制ロスカットになるレベルなので、次の暴落がくるまでに対策を考えておく必要があります

含み損ストレスがかかる

これも損切りをしないことによるデメリットですが、損切りをしないと含み損期間は長くなります

1lotで100pips逆行すると10,000円の含み損なのでそこそこの金額の含み損になります

これに耐えられるかどうかがこの手法をうまく使っていけるかに直結します

耐えられる含み損がもっと小さいなら、エントリーをよりうまくする、損切りを早めにする、小さいロットで取引できる証券会社を探すなどの対策が必要です

コメント

タイトルとURLをコピーしました