トレード日記毎日更新中!

FX×心理

FXバックテスト

楽天ポイント

【FX】 ロスカットする人。しない人。

スポンサーリンク

FXのロスカットについてQ&Aサイトに質問が投稿されていました

この記事ではその質問に勝手にこっそり回答していきます

スポンサーリンク

ロスカットはトレーダー全員の悩み

今回の質問はこれです

fx ロスカットばかりします。ロスカットあまりしない方は居ますか?

ロスカットとは含み損が出てしまったポジションを決済して、損失を確定する行為です
日本語で損切りということもあります

この質問者がいっているのはおそらく強制ロスカットで、使っている証券会社に設定された証拠金維持率を下回ってしまって、自動的に損切りされてしまう自体が頻繁に起きてっしまっているのだと推測します

スポンサーリンク

強制ロスカットが頻繁におきるならロットを張りすぎ、もしくは含み損を引っ張りすぎ

強制ロスカットというのはかなり低い証拠金維持率になるまで含み損が増えないと発動しません

なので、この質問者は証券口座にいれているお金でトレードできる金額ギリギリまで取引量を増やしているか、もしくは含み損がでてもそのポジションを粘りすぎているのだと思います

もう1つ勝率の問題というのもありますが、まずは強制ロスカットが発動する前に自分でロスカットができるようになることが質問者のトレードの改善の第一歩だと思います

自分が許容できる損失額をポジションを持つ前に決めておいて、エントリーと同時にどうなったらロスカットするかも決められるようになるべきです

許容できる損失額の具体的な数字は人それぞれですが、トレード初心者の設定するべき目標はまずは相場に長く居続けることなので、4,5回負けが続いたとしてもトレードを始めたときと同じようなロットや値幅でトレードできるレベルに損失を留める必要があります

この損失をコントロールするためにトレーダーが直接操作できるのは取引量とロスカットレートです

いきなりレバレッジ25倍でトレードするのではなく、取引量は小さめにするのがいいです

ロスカットレートまでの値幅はトレードスタイルによりますが、狙える利益とのバランスを取って決めることが重要です

基本的に長期トレードのほうが長い時間をかけて大きい値幅を取ることが基本になるので、その分ロスカットレートも遠目におくことになります

また、エントリーポイントをより自分のシナリオの中の有利なレートにおくことでロスカットの損失金額をへらすことができます

ロスカットは値動きが自分の思ったシナリオから外れたときにするものなので、ロングするならそのシナリオの最もレートが低いときにエントリーするのが得策です

ロスカットをへらすために

強制ロスカットをなくすためには、自分でロスカットをするようにする
屁理屈のようですがこれをするだけでほぼ100%強制ロスカットされることはなくなります
(超急激な値動きでロスカットレートで約定しない場合を除く)

スポンサーリンク

ロスカット自体は悪いことではない

ロスカットをするときには損失が確定してしまうので、心理的には嫌なものです

ロスカットせずに含み損から目をそむけて含み益になるまで待つという方法もなくはないです

ですが含み損を抱えている状態になってしまうようなエントリー判断がそもそも間違っていたわけでそれを含み損を抱えてからウジウジ考えるのはおかしいのです

シナリオから外れる値動きになることはトレードをしていれば必ず起こります

エントリーをする時点で何割かの確率でロスカットすることになるということを自覚しておかなければなりません

また、値動きがシナリオから外れてしまった場合に、損失を極力減らすことが次のトレードにつながります

またロスカットをすることで、新たなエントリーポイントを探し始めることができます

ロングポジをもっていて含み損が増えてきた場面を想像してみてください
いつまでもロングポジを持っていると上にいかないかなーという願望を持ちながらしかチャートを見られません

でも一度ロスカットしてしまえば、ショートしたら稼げそうなチャートに見えてくることもあります

スポンサーリンク

ロスカットしない人 良いパターン悪いパターン

ロスカット自体は悪いことではないと書きましたが、ロスカットしなくてすめばそれに越したことはありません

ただ、ロスカットしない人にも良いパターンと悪いパターンがあります

悪いパターンの場合、ロスカットをするとき=再起不能になるときという危険もはらんでいるので自分がそんなパターンに陥らないように気をつける必要があります

良いパターンのロスカットしない人

ロスカットしない良いパターンは単純に勝率がめちゃくちゃ高い場合です

値動きの予想がバシバシ当たれば、当然含み損を抱えることはなくロスカット模する必要がありません

悪いパターンのロスカットしない人

ロスカットしない悪いパターンはロスカットを絶対にしないことです
つまり強制ロスカットまで絶対ポジションを決済しないことです

トレードを始めた頃にこの”絶対ロスカットしない作戦”が何回かうまくいってしまうとたちが悪いです

どうせいつかはプラ転するから大丈夫という考えが強化されてしまって、ロスカットの逆指値を設定しなくなってしまいます

細かい損切りなんてしなくても最終的にプラ転するのだからロスカットしたら機会損失になってしまうとさえ思うようになります

ですが、いつかは長期足の大きなトレンド転換が起きて、数百pipsの逆行が起きます

そのときには強制ロスカットが発動して、再起不能担ってしまう可能性もあります

スポンサーリンク

結論 強制ロスカットはだめ でも計画的なロスカットは必要

最初の方に書いたように強制ロスカットはだめです
必ず自分が設定した逆指値でロスカットできるようにしましょう

自分で設定した、損失を許容範囲に抑えるためのロスカットは必要です
FXの値動きを完璧に予測することはできないのである程度の回数ロスカットしなければならなくなるわkではありません

ですが、頻繁に逆指値にかかるようならトレードのやり方を少し考える必要があるかもしれません
エントリーするレートが不利すぎる、トレンドの判断が間違っているなどの可能性があります

コメント

タイトルとURLをコピーしました