トレード日記毎日更新中!

FX×心理

FXバックテスト

楽天ポイント

FX超初心者向け入門講座

スポンサーリンク
スポンサーリンク

FXもやってみたい!

ここまで1年間株式投資をやってきた私ですが、あんまり上手くいってません。ちょっと気分転換にFXの口座を開設してやってみるとなんか楽しい。

株は9時から15時しか市場が開いておらず、リアルタイムで値動きがみれることはほとんどないのに対し、FXは会社から帰る時間でも動いてます。

画面でぴこぴこ動く為替を見ながら売買をするのが新鮮な感じです。

そんな感じでFXに手を出し始めた今日この頃。

なんか、最終的に株もFXもどっちも失敗しそうな感じもしなくもないですが、勉強するのはただなので、とりあえずやってみます。

スポンサーリンク

口座開設


株の口座を開設するときとあんまりかわりませんでした。

マイナンバーの通知カードと身分証明書の写真をスマホに保存しとけば、どこの会社の口座でも、何個でも作れそうです。

株の口座を開くときと違うのは特定口座とか証券会社が勝手に確定申告してくれるかどうかみたいなのを選ぶところがないんです

FXは自分で確定申告しないといけません

関連記事:FXの損益を確定申告してみました

スポンサーリンク

初めてのデイトレード

株のときは、日本の市場が平日昼間しかあいてないので、リアルタイムで値動きを見ながらトレードをすることはできませんでした。

平日の夜や、土日に動いてないチャートを見て、会社の業績をみて、長期的に株価が上がりそうな銘柄を自分なりに判断して株を買うということをしていました。

FXでは、日本だけでなく、アメリカやヨーロッパの市場があいている時間にも取引ができます。

なので、平日の夜もリアルタイムでのトレードが可能です。

ローソク足が実際に動くところは初めて見たので、それだけでなんかテンション上がりました。

スポンサーリンク

レバレッジ

FXの大きな特徴の一つが、自分の持っている資金以上の取引ができるレバレッジです。

株でも信用取引で資金の3倍の取引ができますが、国内のFXの会社では25倍、海外ならそれ以上の倍率で取引ができます。

100万円の資金があれば、最大倍率の25倍の取引では2500万円の取引ができ、利益や損失もその分大きくなります。

私の場合は最初のころは、損失が大きくなるのが怖くてあまりレバレッジを効かせた取引はできませんでした。

スポンサーリンク

必勝法が欲しい!

そんなのがないのはわかりきっていますが、自分なりのルールとか作戦がないと、チャートを見てもただランダムに動いてるようにしか見えません。

FXやってる人はどんなところを見てるんでしょう。調べてみて簡単そうだったのはこんなところでした。

  • トレンドライン

チャートに下値支持線と上値抵抗線を引いてその中でどのように動くか予想したり、そこから外れたら、そこからトレンドがかわるだとか、そんな感じでしょうか。株とあんまり変わらない感じ。

とっても平凡ですが、”買う人がいるから高くなる。”ということを考えれば、その平凡なやり方が一番、多くの人の考えを表すことになるのかもしれません。

  • ボリンジャーバンド(トレンド系指標)とMACD(オシレーター系指標)を組み合わせる

株の勉強でもでてきたなー。忘れてしまったのでここでもう一度復習します。

こういう小難しそうなやつの方がなぜか使ってみたくなってしまいます。

ボリンジャーバンド

買われすぎ、売られすぎを表す。足の上下にラインが引かれ、このラインに足が触れた時が買われすぎ、売られすぎのサインとされる。

MACD

短期と長期のラインで表さる。足の動きに先行するため、このラインが上向いたら足も上向くと予測される。

長期のラインを短期のラインが下から上に上抜くゴールデンクロスが買いのエントリータイミングとなる

これらの2つのサインが重なると確率の高い注文ということができそうです。

株よりもみんなにあわせることが大事みたいです。

株のように会社の価値とかにあわせて変動するわけではないってことでしょうか。そもそも通貨の価値ってどうやって決まってるんでしょうね。

もし、FXやってる人たちによって決められているなら本当に、ギャンブルだとかゲームみたいなものなのかもしれないとも思いました。

スポンサーリンク

まとめ

株取引の延長のような感じで始めたFXですが、似たようなところも、違うところもあり、まだまだたくさん勉強することがありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました