トレード日記毎日更新中!

FX×心理

FXバックテスト

楽天ポイント

【FX】ストキャスティクスを使ったスキャルピングするときの注意点【短期トレード】

スポンサーリンク

ストキャスティクスを使ってスキャルピングをやってみて1週間

今のところかなりの高勝率でトレードできていますが、全勝というわけではありません
しかもこの手法の特性上、予想が外れたときは放っておくと大きく負ける可能性が高いです

実際に損切りすることになった場面を紹介しながら、損失を少なくする方法を考えていきたいと思います

スポンサーリンク

トレード前提

他の記事で紹介しているストキャスティクスを使った手法で1週間トレードしてみました
概要はこんなかんじ

手法まとめ

通貨ペア:ユーロドル
時間足:5分足
ストキャスティクス設定:%Kの期間=5
判断ライン:%K=80以上で売り、%K=20以下で買い
取引量:1000~数万通貨
単純移動平均線(トレンド判断用):短期5期間、中期25期間、長期75期間

いくつか危ない場面があったので振り返っていきます

スポンサーリンク

失敗例①

ストキャスティクス振り返り
トレード詳細

売買方向:ロング
平均エントリー/決済レート:1.0959 / 1.0949
損失幅:10 pips
エントリー理由:%K=20にタッチ

ルール通り、%Kが20にふれたところからエントリーしていきました

その後、何回かにわけてだいたい3pipsくらいレートが下がるごとにナンピンしていきました

今思えばこの時点で移動平均線が下を向いていてすでに中期移動平均線より短期移動平均線が下にあるという下降トレンドの傾向がチャートに出ていました

なのでポジションを小さめにする、ナンピンを控えるなどの対応が必要でした

一時は最初のエントリーから30pipsくらい下降するなどかなりひやひやしましたが、運よくレートが少し戻りました

損失0まで粘りたいという気持ちもありましたが、ストキャスティクスが本来ショートエントリーするラインまで来たのでポジションを決済しました

反省点

エントリー時のトレンドを意識してポジション量をコントロールする

スポンサーリンク

失敗例➁

トレード振り返り
トレード詳細

売買方向:ショート
エントリー/決済レート:1.08952 / 1.09104
損失幅:5.2 pips
エントリー理由:下降トレンド+ストキャスティクスが80に近づいてきたから

ここまで下降トレンドで来ていたのでロングはポジション小さめ、ショートは大きめでトレードしていました

トレンド発生中は、%Kが20や80の判定ラインまで届かずトレンド方向に推移していくこともあるため、少し早めにエントリーしていました

その後、3,4pipsプラスのときもあったんですがトレンド方向の売買だからと思って、少し欲張ってしまいました

その後、レートは上昇
%Kが80を超えましたが、ここが本来のエントリーポイントなのでまだ損切りはしませんでした

他の局面ならナンピンすることもある場面ですが、移動平均線が少し上向きになっていたので様子見でポジションは増やしませんでした

結局その後も上昇を続け、短期の移動平均線が中期の移動平均線を下から上に跨いだので損切りしました

損失は5pipsなのでそこまで大きい損失ではないのですが、移動平均線がクロスした時点で損切りしてもよかったかなと思いました

反省点

トレンド転換の兆しが少しでも見えたらいったん逃げる

スポンサーリンク

鬼門はトレンド発生、トレンド転換

ストキャスティクスは買われすぎ、売られすぎを表すインジケーターなのでどちらかというと逆張り気味なエントリーになります

レンジ相場ならうまくサインがでたあたりで反発してくれますが、トレンドが発生、転換すると反発すると思ったところで反発せず、そのまま行ってしまいます

なので基本はストキャスティクスが判断基準といってもトレンドがどの方向に向かっているのかというのも意識しながらのトレードが大事になりそうです

コメント

タイトルとURLをコピーしました