トレード日記毎日更新中!

FX×心理

FXバックテスト

楽天ポイント

【FX】超単純!ストキャスティクスを使ったスキャルピング手法を解説【ユーロドル】

スポンサーリンク

ユーロドルでスキャルピングをやるときに高い勝率を残すことができた手法の紹介をしていきます!

少しも含み損に耐えられない!長くポジションを持って利益を伸ばすことができない!という人におすすめです

スポンサーリンク

ストキャスティクスでスキャルピング

ストキャスティクスは買われすぎ、売られすぎを教えてくれるインジケーターです

0~100の間をグラフが行き来します
数字が0に近いほど売られすぎ、100に近いほど買われすぎを意味します

つまり売られすぎているならみんながそろそろ買っていいだろうと思うので100に近い数字は買いのサイン

逆に買われすぎているなら、売り始める人が出てくるころなので0に近い数字は売りのサインということです

僕が使っている設定のストキャスティクスがこんなかんじ

ストキャスティクス 説明画像

といっても見るのは%Kという一番ローソク足に敏感に反応する線(水色)だけです

この線が80に触れたらローソク足確定前でも売り、20に触れたら買います

手法まとめ

通貨ペア:ユーロドル
時間足:5分足
ストキャスティクス設定:%Kの期間=5
判断ライン:買われすぎ80、売られすぎ20
取引量:1000~数万通貨
単純移動平均線:短期5期間、中期25期間、長期75期間

スポンサーリンク

とれる利幅

目安としては2,3pipsの利幅を数分でとるくらいです

ストキャスティクスの20や80の壁に跳ね返ったところを狙う感じ

でも、壁にボールがぶつかって跳ね返るときみたいに跳ね返ってすぐは勢いがありますがすぐにその勢いはなくなることが多いです

なので勢いがなくなったなと思ったらすぐ利益確定してしまった方がいいです

その後、ドーンと伸びてもっと利益伸ばせたかも…ってこともありますがその分はあきらめましょう

トレンドに乗っかる系の手法であればそういう大きい値幅を取りに行くべきですが、この手法は瞬発的な動きを狙う手法なので

他の手法でもそうですが、自分が狙うべき値動きを意識することは大事です

ストキャスティクスのトレード イメージ
こんな短期間のトレードは疲れる!という人はこちら
スポンサーリンク

逆行したときの対応

ストキャスティクスで売られすぎ(買われすぎ)サインが出てもさらに売られる(買われる)ことももちろんあります

そういう時はナンピンしています

だいたい3pipsくらい逆行したら1回エントリーしたときと同じ量のナンピンをします

スポンサーリンク

トレンド発生、トレンド転換に注意

ストキャスティクスの特性上、下降(上昇)トレンド発生時は売られすぎ(買われすぎ)サインがでてもさらに下降(上昇)が続きます

そのときにナンピンをしてしまうと大きな損失を食らってしまいます
何度かここの対応をミスって大きめの損失になってしまったことがありました
なのでトレンド発生時のトレードには注意が必要です

エントリーしてからの逆行が大きいと感じたら僕は単純移動平均線(10期間)を見ることにしています

まずは移動平均線の向き
売りで入っていて、移動平均線が上を向いていたら少し注意が必要です
移動平均線の並び順が上から短期、中期、長期になったらすぐに損切りした方がいいです

スポンサーリンク

トレンド中のストキャスティクス

トレンド中でもこの手法は使えます

トレンド方向に売買するときは、ストキャスティクスのサインが出るところ=押し目、戻しの位置になるので、長期的に見ても理想的な位置でのエントリーになります

ストキャスティクス的にもトレンド的にもいい位置でのエントリーになるので、通常時より大きめのロットで入るのもいいと思います

逆に、上昇中に売る、下降中に買うときは注意が必要です
失敗すると大損になるのでエントリーしなくてもいいくらいです
どうしても入りたいときは、取引量を少なめにします
また、エントリータイミングもサインが確定してからにするなど慎重めのトレードにします

スポンサーリンク

この手法の注意するところ

ストキャスティクスが80になったら売る、20になったら買う
こんな単純な手法でも損切りタイミングと取引量の判断を間違わなければ勝っていけそうな感じがしました

狙う値幅は小さく勝率重視

あるスキャルピングの本で紹介している手法では10pipsが1回のトレードの利益目標と書いてあったので、スキャルピングでは普通それくらいの値幅を必ず狙わなければいけないというイメージがありましたが、この手法ではそこまでの値幅を狙うと全然利益確定できません

どちらかというと勝率高めで、小さい利益をコツコツ重ねていく感じです

欲張ってトレンドに乗ろうとしない

トレンド相場でもレンジ相場でも値動きの中の小さい波に対して逆張りしていくような手法なので、大きなトレンドにはのれません

トレンド方向にエントリーするときは取引数量を多くしてもいいと書きましたが、これは勝てる確率が高いからです

トレンドに乗って大きい利益を出そうというのはこの手法から外れたトレードなので要注意です

一番の危険ポイント トレンド転換に注意

この手法で大きく負けるリスクがあるのがトレンドが反転するところです

上昇トレンドの押し目、下降トレンドの戻り的なところで大きめのポジションをもつのですが、そこがトレンドの反転するところだとそのまま無限にナンピンを続けていくことになってしまうので、自分で”トレンドが反転したから損切りだ”と判断する基準をしっかり決める必要があります

僕の場合、中期の移動平均線を短期移動平均線が跨いだらトレンド転換の可能性が高いと判断します

1回失敗してもチャンスはたくさんある

この手法はエントリーチャンスは多い手法です

なので損しそうと思ったら早めにあきらめることが大事です

それができるようになるためには初めから利幅を狙いすぎず、利益確定を確実に繰り返していくことです
損切りしてもここまで高勝率で来ているからすぐに次のチャンスはくる、すぐに取り返せると自分で思えることが損切りをきちんとできることにつながっていきます

スポンサーリンク

まとめ

ストキャスティクスを使った単純だけど高勝率な手法を紹介しました

ぜひ使ってみてください

まとめ
  • ストキャスティクスの%Kが80にタッチしたらショート、20にタッチしたらロングエントリー
  • 利益確定は3pips。欲張らずに短時間で
  • レンジからトレンドへ移行、トレンド反転時のトレードには注意。いったんすぐ逃げる

コメント

タイトルとURLをコピーしました