トレード日記毎日更新中!

FX×心理

FXバックテスト

楽天ポイント

FX 両建 外し方をマスターすれば絶対負けない

スポンサーリンク
スポンサーリンク

絶対負けない手法? 両建

FXでも株でも基本は、売りか買いかの二択です

(待つも相場みたいな言葉もありますが、、)

なので、レートが上にいくのか下にいくのかは必ず予想してそれが当たれば利益を得るし外せば損するのが普通です

ですが、両建てなら上がり下がりを予想しなくてもいいのです

建玉数量がロングとショートで同じならレートがあがっても下がっても、一方のポジションのマイナスをもう一方のプラスが相殺してくれるからです

負けない手法 両建について解説していきます

関連記事:両建て+スワップポイントが相殺されないみたいな特徴のある都合のいい通貨ペアがある?

スポンサーリンク

やり方は簡単

両建ての状態にするためのやり方は簡単です

ロングとショートを同じ量のポジションを持てばその瞬間から両建ての状態です

同時にロングとショートの注文を出すのもいいし、ロングかショート片方持っている状態から、後から追加で反対のポジションをもつということもできます

スポンサーリンク

両建てのメリット

両建ての大きいメリットは次の2つです

  • 上下どちらに動くか予想しなくていい
  • 損失、利益を固定できる

1個ずつ解説していきます

上下どちらに動くか予想しなくていい

レンジ相場で値動きが小さくて次どちらに動くかわからないっていうときありますよね

こんな相場でも上か下かと予想して、ちょっと逆行したら損切り、とやっていたら損切り貧乏になってしまいます

そんな時は損切りする代わりに両建てしてみましょう

例えばショートで入ったけど少し上に動いて、含み損になってしまったとします

普通なら損切りするところですが、いったんロングも同じ量だけしてみましょう

そしてレンジの上端付近でロングは手放します

これで両建てを初めてから今までのショートの損は両建てしたロングが相殺してくれました

少し有利なレートでショートしたのと同じことになります

レンジ下端に向けて動き出したらこっちのものですね

レンジの中央で両建てするのもあり

さっきは先にショートだけしてる状態からの両建てでしたが、一気にロングとショートをするのもありです

レンジの真ん中あたりのレートで次どっちにいくのか微妙な時

ロングとショートを同時にすればどちらにいっても利確ができます

このあと、反対方向に動き出して利益が出たところで決済すれば、効率よくレンジ相場でも稼ぐことができます

損失、利益を固定できる

例えば、ロングでエントリーしたけど予想どおりレートが上がらず、そろそろ損切りか?というとき

ここで、ショートのポジションも同じ数量持てば、お互いのポジションが損益を相殺するので損失がショートする前までの金額に固定されます

図であらわすとこんなかんじ

これは、ショートのあとレートがあがっても下がっても同じです

実は、両建てでショートしたレートでロングポジションを損切りして、後からロングしなおすのと同じなのですが、なんとなく損切りが苦手な人にとっては、両建ては損切りの代わりにもなるのです

スポンサーリンク

大事なのは外し方

両建てで難しいのが、両建てを外すタイミングです

外すとはロングとショート両方を持っている両建ての状態からどちらか片方の状態になることです

両建てを維持する期間というのはトレンドが発生している状態です

片方のポジションは利益が増えて、片方は含み損が増えている状態です

利益が出ている方を先に決済するのですが、早すぎると含み損側の損がその後も膨らんでしまってトータルマイナスになってしまいます

両建てを上手になるならトレンドの終わりを見極められるようになる必要があります

トレンドのスタートは最初から両建てしておけば、いつ始まろうが関係ないのでトレンドの終わりだけに注目すればいいです

スポンサーリンク

トレンドの終わりを知る指標①移動平均線

移動平均線は最もよく使われるトレンド系のインジケーターです

いろんな使い方がありますが、短期、中期、長期移動平均線が順番にならんだパーフェクトオーダーの状態がくずれたらいったんトレンドが終わったと考えていいと思います

スポンサーリンク

トレンドの終わりを知る指標 ➁水平線

移動平均線の場合、移動平均線の状態を見ることで”今”トレンド中なのか、トレンドが終わったのかを知ることができます

水平線の場合は事前にトレンドが終わりそうな場所がわかります

水平線は、直近で値動きが何度か反転しているレートを水平に結んで引きます

簡単に聞こえますが、結構効きます

簡単な指標ほどみんなが意識するので、そして、みんなが意識するほどトレードにも反映されやすく結果として値動きがその指標に従うようになります

スポンサーリンク

証券会社からは警告される

マネックス証券のFX PLUSのアプリでは現在持っているポジションと反対の売買の指値注文とかをおいとこうとすると、こんな警告文が出ます

といっても、よくみたら両建てはよくないよーという内容ではないですね
最初にでてきたときはなんかだめな注文のしかたをしちゃったのかなと思って注文をキャンセルしちゃったのですが、、

サイトにはこんな風にかかれてます

両建てを行うことは可能です。しかし、両建てには次のような特徴がありますので、お客様はこれをご理解・ご考慮の上、ご判断ください。当社からお勧めするものではありません。
・スプレッド(Bid[売値]とAsk[買値]の差)によるコストが2倍かかること
・スワップポイントは売建玉と買建玉に適用する価格に差があり、この差分が逆ざやとなりお客様のコストとなること
                                   マネックスFX HPから引用

つまり、手数料が2倍かかったり、スワップポイントの差で損しますよーということが書かれています

スワップポイントについては証券会社によると思いますが、僕のつかってる証券会社だとこんな感じです

FX PLUS (マネックス証券)

SBI FX

ほとんど変わらない通貨ペアもありますが、基本売りスワップのマイナスの方が大きくて、両建てでポジションを持ち続けるだけで損してしまいます(一部の証券会社では+にできる通貨ペアもあります)

両建ての経済合理性

両建てという単語といっしょによく聞かれる言葉に経済合理性というものがあります

weblioさんによるとこんな意味

投資したお金に対して利益があると考えられる状態のこと。事業を始める上での判断材料の1つ。

企業にとって、経済合理性は経済的な価値基準であり、最小の投資で最大の成果を上げられるような戦略を立てる。これは、「投資<利益」、「投資<成果」を表しており、一般的には投資を下回るような利益・成果の発生する事業は避ける傾向にある。

その理由はさきほどあげた、スプレッド分のコストが2倍、スワップポイントで損するからです

両建てに関するルール

両建て取引をする際の必要証拠金の計算の仕方にはいくつか方式があります

自分の証券会社が自分がやりたいことにあっているか確認しておくとよいでしょう

大きな違いは両建てMAX方式かそうでないかです

簡単にいうと、売りと買いのうち建玉が多い方のlot数に対応した証拠金が必要になる方式です

全てのパターンを網羅しようとするとなかなか大変ですので、詳しくはリンク先をごらんください

ほとんどの証券会社がこの方式になっていますが、一部の証券会社では売りと買い両方のポジションに対して証拠金が必要なところがあるようです

スポンサーリンク

まとめ

両建ての基本的なメリット、デメリットがわかりました

メリット

  • レンジ相場で右往左往しなくなる
  • 損切りのかわりになる

デメリット

  • スプレッドのコスト2倍
  • マイナススワップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました