トレード日記毎日更新中!

FX×心理

FXバックテスト

楽天ポイント

株やFXで損切りができる人になろう!プロスペクト理論を知って心理の癖を克服

スポンサーリンク

投資の本には、必ずといっていいほど、損切の重要性が書かれています

確かに、含み損をいつまでもかかえているよりも有望な銘柄に乗り換えた方が資金を有効に活用できるというのは、頭では理解することができます

しかし、それでも損切というのは心理的に難しいもの

その原因の一つは人間の心理的な傾向にあります

自分の心の”癖”を知れば対策もとれるようになるはず

損切りを邪魔する自分の心について知り、損失を最小限に抑えましょう

スポンサーリンク

利益と損失ではリスクに対する態度がちがう

これから出すお金に関する2択問題について直感で答えてみてください

問題1

あなたはどちらを選びますか?

  • 確実に900ドルもらえる
  • 90%の確率で1000ドルもらえる
問題1の説明図

問題1の説明図

問題2
  • 確実に900ドル失う
  • 90%の確率で1000ドル失う
問題2の説明図

問題2の説明図

どうでしたか?

多くの人は、問題1では確実にもらえる方を、問題2では90%の確率で1000ドルを失う選択肢を選ぶそうです

つまり、利益に関しては、リスクを回避しようとして無難な選択をし、損失については冒険する傾向があるということです

スポンサーリンク

“参照点”からどう変化するかが判断基準になる

お金の変化について、基準となる点、参照点からどう変化するかが選択の価値判断に影響を与えます

次の問題では人が、利益に対してはリスク回避、損失に対してはリスク追求の選択をすることが、さらにはっきりとわかります

問題3

①最初に1000ドルもらう

➁その後、次の2択を選ぶ

  •  50%の確率で1000ドルもらう
  • 確実に500ドルもらう
問題3の説明図

問題3の説明図

問題4

①最初に2000ドルもらう

➁その後、次の2択を選ぶ

  •  50%の確率で1000ドル失う
  • 確実に1000ドル失う
問題4の説明図

問題4の説明図

この問題でも問題1、2と同じような選択を大勢の人がします

つまり

  • 利益の場合、確実な方を選ぶ
  • 損失の場合、ギャンブルを選ぶ

問題3、4どちらの問題でも、選択の結果は次の2つのどちらかです

  • 確実な道を選べば富が1500ドル増える
  • ギャンブルを選べば同じ確率で1000ドルか2000ドル増える

それなのに、問題3、4でリスク回避と追及の異なる傾向の選択をしてしまうのはなぜでしょうか

それは参照点が問題が始まるまえの±0円の状態ではなく①のお金をもらった後の状態だからです

その参照点からの変化が人の心理にとっては大事で、それに比べれば最終的な状態の価値というのは小さくなってしまいます

デイトレードでも、この傾向は現れると思います

kim
欲張り子

大きめの含み益がある状態から少しレートが下がってきたんです。利益を確定するべきかとも思ったんですけど、含み益が最大になったレートに戻るまで待ちました

とか

貧乏父さん
チキン利確男

含み益がではじめてて、目標には達してないけど利確しちゃいました

みたいなことが経験ある方もいると思います

裁量トレード(その場の状況に応じて判断するトレード)では自分は一貫した判断基準をもっていると思っていても、利益確定するときと損切りをするとき、勝っている日と負けている日では判断基準に違いがでていることもあるかもしれません

スポンサーリンク

プロスペクト理論の軸になる3つの認知的特徴

プロスペクト理論の詳しい説明に入る前に理論の軸になっている、3つの人の感じ方の特徴を知っておきましょう

人の3つの認知的特徴
  • 評価が中立の参照点に対して行われる
  • 感応度逓減性
     同じ変化でも自分の環境によって、変化の大きさの感じ方が異なること
     例えば、明るい部屋と暗い部屋ではろうそくの火の明るさは違って感じますよね
  • 損失回避性
     損失を利益よりも強く感じ、その結果損失を避ける傾向が強くなります

スポンサーリンク

価値関数グラフ

3つの認知的特徴は以下の価値関数のグラフにはっきりと表れています

価値関数グラフ
価値関数グラフ

このグラフは、利益と損失の心理的価値を表しています

このグラフで着目してほしいのは次の点です

①グラフがS字型になっている

グラフがS字になり、中心の参照点から離れるほどグラフの傾きが小さくなっています

利益、損失どちらについても額が大きくなるほど感応度が逓減することを示しています

➁損失側の傾きの方が大きい

損失に対する感応度は同じ額の利益に対する感応度よりも強いことがわかります

つまり同じ額でも利益を得た時の喜びより、損失を被った時に悲しみの方が大きいということです

では、喜びに対して悲しみはどれくらい大きいのでしょう

スポンサーリンク

損失回避倍率

人がどれだけ利益より損失の感応度が高いかを知るために次のような調査が行われました

実験

あなたはコイン投げのギャンブルに誘われました
コイン投げのギャンブルでルールは以下のとおりです

  • 表がでたら150ドルもらえます
  • 裏が出たら100ドル払います

①このギャンブルは魅力的ですか?

➁もらえる金額を自分で決めれるなら最低何ドルもらえるならこのギャンブルに応じますか?

ふつうに考えれば、期待値がプラスなので得をする可能性が高い有利な条件のように見えます

しかし、実際に自分がこの状況に立たされた時のことを想像してみてください
100ドルを失うのもなかなか痛くないですか?

➁でもらえる金額を高く設定する人ほど、”損失回避的”であるといえます

多くの人は➁で約200ドルと答えるそうです

損失は利益の2倍強く感じられるということです

スポンサーリンク

トレードにプロスペクト理論を活かす

損失が僕たちの心に与えるダメージは利益を得た時よりもかなり大きいことがわかりました

この心の特性は、FXトレードにどんな風に影響しているのでしょうか

僕は損切りがうまくできないことやチキン利確してしまうことの原因の1つがこれだと思っています
そして遅い損切りと早すぎる利益確定を繰り返すことでトータルの損益がどんどん悪化してしまうのです

損切りが必要なタイミングでできない

含み損がでたときを考えましょう
人は損失に関してはリスク追及的だといいましたね

なのでエントリーするときにこのくらいいったら損切りだなとなんとなく思っていたレートまで動いたとしても、”ここから戻るかもしれない、損失を減らせるかもしれない”と考えてさらに損失が大きくなるリスクをとって、ポジションをホールドしてしまう人が多いのです

利益確定が早すぎる

利益については、今出ている含み益を無難に確定したい、という心理が働き利益をのばしきれないということが考えられます

このとき、価値関数のグラフの真ん中の参照点は、含み益がでている状態です

そこから損失がでると、同じ金額利益がでたときよりも大きい不満が生まれます

そのストレスに耐えられず利益を早めに確定してしまうのです

どうやって対策するのか

損切りのときも利益確定のときもうまくいかないのは、参照点となるレートから今のレートまで動いたことによって生じる感情がプラスの時とマイナスのときで釣り合っていないせいだと思います

今のできごととしてとらえると感情に波が立ってしまうのは多くの人がそうだと思います
自分のお金が絡む株やFXならなおさらです

ですが、これが少し先の未来ならどうでしょう
感情の波が立ちにくくなるのではないでしょうか

その状態なら損失と利益を公平にみることができて、トータルで見た時にどうやれば利益を積み重ねられるか冷静に考えられると思います

この作業はめんどくさいことだと思います
実際どんなふうにレートが動いていくかなんて可能性の話だけなら無数にありますから。

それらすべてを想定するのは不可能だと思いますがポジティブな値動きとネガティブな値動きのなかで可能性が高いもの1つずつくらいは考えてみましょう

そしてそれぞれの場合に合わせた利益確定と損切りの指値、逆指値注文をエントリーと同時に発注しておきましょう

値動きのシナリオを建てるのが難しいなら、自分の予想が当たる確率から考えてトレードを繰り返して利益があがるような利益確定の値幅と、損切りの値幅を計算して設定するのもいいでしょう

この記事を読んで人間の心が不合理な判断を下すことはわかったと思います
なので、そんな不合理さがトレードに介入する余地をなくしてしまうことがトレードで勝つための秘訣だと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました