トレード日記毎日更新中!

FX×心理

FXバックテスト

楽天ポイント

[初心者向け]FXの売買方法はリアルタイム売買だけじゃありません

スポンサーリンク

僕のように会社員でFXをやっている人なら一度は”このとき、チャートを見てたらエントリーしてたのに”と思うことが一度はあると思います

ただ事前に注文をしておくには様々なことを想定して、損をする場合も利益確定の場合も自分が意図した結果が得られるようにしたいですよね

今回は事前に注文を出しておく場合に僕が考えたことをまとめています

僕と同じようにリアルタイムでチャートを見ながらのトレードを行うことが難しい人たちの参考になればいいなーと思います

スポンサーリンク

事前に入れておく2つの注文方法

指値注文

売買のトリガーになるレートを決めて注文を予約しておくやり方です

  • ロングなら、決めたレートよりレートが下回ったときに注文が発動します
  • ショートなら、決めたレートよりレートが上回ったときに注文が発動します

つまりロング、ショートそれぞれでエントリーするのに有利なレートになったときに発注するというイメージですね

また、決済注文として使うなら目標レートを超えたときの利益確定のために使うことができます

逆指値注文

こちらも同様、売買のトリガーになるレートを決めて事前に注文を予約しておくやり方です

  • ロングなら、決めたレートよりレートが上回ったときに注文が発動します
  • ショートなら、決めたレートよりレートが下回ったときに注文が発動します

このレートを超えればそのままの勢いで相場が動いていくだろうという予想でエントリー注文を出したいときなどに使えます

また、決済の時には損切のための注文として使うことができます

スポンサーリンク

エントリー 狙うのは二つのタイミング

①緊張→ブレイクのタイミングを狙う

エントリーに関する記事で書いたように、値動きが小さい緊張状態から、ある方向にブレイクするとそのままトレンドが発生していくことが多いと僕は考えています

この考えに基づいて、値動きが小さいときローソク足の上端もしくは下端が何度もぶつかっている抵抗線をエントリーの基準にし、そこを超えたら逆指値注文でエントリーするというのが一つの作戦です

➁今のレートと抵抗線の間に逆指値注文をセットする

抵抗線でチャートが反転することがよくあります

逆にトレンドが発生したら何か理由がないとトレンドは継続する的な偉い人の言葉もあります

図のように現在のレートと自分の引いた抵抗線の間の間隔が広い場合は、その間に逆指値の買い注文をセットしておくのもいいと思います

現在のチャートからある程度離れていれば、レンジ相場の上端で無駄にエントリーしてしまう可能性は低くできます

抵抗線までの距離をとることができれば、それだけ利ザヤを確保しやすくなります

スポンサーリンク

エグジット

①目標達成or損切りライン

事前に設定しておいた目標pipsの利ザヤがとれるか、損切ラインにチャートが接触したらポジションを決済するように設定します

➁抵抗線を見て決める

エントリーのところで説明したように、抵抗線がトレンドが進んでいった先にあるなら、そこをひとまずの利確ポイントとしたいです

そこを超えて伸びていった場合も、抵抗線を超えた先にエントリーのための逆指値注文をおいておけば再エントリーできます

スポンサーリンク

まとめ

次のようなエントリー、エグジットの方法で指値、逆指値注文を入れとけばPCに張り付いてなくても注文出せそうです

エントリー

  • 緊張→ブレイクのタイミング
  • 今のレートと抵抗線の間

エグジット

  • 目標or損切りライン
  • 抵抗線の手前で利益確定

コメント

タイトルとURLをコピーしました