トレード日記毎日更新中!

FX×心理

FXバックテスト

楽天ポイント

J-REIT 資金が少なくても不動産投資ができる!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不動産投資

このブログでは株の投資に関する記事を書いてますが、世の中にある投資の対象は株式だけではありません。

身近な投資先として不動産があると思います。アパートやマンションのオーナーになれば、その部屋を借りてくれる人がいれば家賃収入が発生し、安定して不労所得を生み出してくれます。

しかし、アパートとかマンションとかそんなに簡単に買えるものではありません。買った後も、その不動産の管理とかいろいろ大変そうです。

私的にはそんな難しそうなイメージの不動産投資ですが、それをもう少し気軽にできるのがJ-REITへの投資です。

今回は、このJ-REITが何なのか、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

J-REIT(Japan Real Estate Investment trust)

REITとは日本語でいうと不動産投資信託のことで、投資家から資金を集めて不動産を運用して得た家賃収入などを投資家に分配する金融商品です。

REITを扱う会社は、投資家から集めた資金を様々な不動産に投資し、収入を得ますが、その不動産には、先ほどの例で挙げたアパートやマンションなどの住宅だけでなく、商業施設やオフィスビル、ホテルなどがあります。

各REITごとに特色があり、住宅を多く扱うもの、関東圏の不動産を多く扱うものなど様々です。

スポンサーリンク

どうやって買う?

個別銘柄の場合、株式と同様、証券会社を通じて売買を行うことができます。

1口数万円で買えるものから数十万円のものまでありますが、自分で不動産を買う場合と比べれば、かなり手を出しやすくなっています。

また、長期で持ち続ける場合、普通の口座だと分配金をもらうたびに税金がかかりますがNISA口座で買えば税金がかかりません
1度買って持ち続けるだけならNISAの利用枠もあまり消費しないのでNISA口座でJ-REITの銘柄を取引きすることはおすすめです

スポンサーリンク

REITのメリット

私が思うREITに投資するメリットはやはり分配金の利回りのよさだと思います。

分配金とは、株式でいう配当金のようなもので、各決算期松の4営業日前に投資口を保有している人に受け取る権利が与えられます。

スポンサーリンク

株式との違い

正直なところ、私もよくわかっていませんが、私が影響を受ける違いとしては、四季報に情報が載ってないことです。

ほかにも証券会社のページでREITの銘柄について調べても情報が出なかったりするので、そういうときは会社のホームページにいってみたりすることもあります。

スポンサーリンク

まとめ

かなり簡単にですが、J-REITについて書いてみました。

不動産投資をやってみたいという人、株式だけでなく、いろんなものに分散して投資を行いたいと考えている人にとって、まず入り口としてこのJ-REITはちょうどいいと思います。

また、高い分配金利回りも魅力的です。

REITには株式の場合と似たような意味でも異なる言葉などもあるため、そのへんについても他の記事で書ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました