トレード日記毎日更新中!

FX×心理

FXバックテスト

楽天ポイント

【WordPress基本設定】ウェブマスター認証 Google Search ConsoleとBingのAll in One SEOの設定

スポンサーリンク
スポンサーリンク

適当にやっていたAll in One SEOの設定を見直してみました

ブログ開設時に、いろんなブログとかでおすすめされていたAll in One SEOというプラグインをとりあえずインストールして、設定もいくつかしていたんですが、ブログのSEOってやつをもう一度まじめに考えてみようと思ったときに、このプラグインの設定ももうちょっとちゃんとしようと思って、設定内容をいろいろ調べてみると、まださわってない項目がありました。

それが、タイトルのウェブマスター認証です。

この操作の意味と、やり方をまとめてみました。

スポンサーリンク

ウェブマスターとは

ホームページの管理者のことを指します。

もうちょっと難しいシステムの話とかかと思っていましたが、言葉のとおりで少し拍子抜けでした笑

では、All in One SEOの設定画面にあるウェブマスター認証とはどういういみなんでしょうか。

スポンサーリンク

ウェブマスター認証とは?なんのためにやるの?

ウェブマスターツールという、webサイトの検索パフォーマンスを把握できる解析ツールに自分のサイトを認証してもらうことが、ブログのSEOには重要なようです。

Google search consoleもその一つです。

このツールに自分のサイトを登録することがウェブマスター認証という項目の意味っぽいです。

この操作をすることで、ウェブマスターツールに自分のサイトが認識されて、アクセスの数とかを分析してくれて、自分のサイトづくりに役立てることができます。

スポンサーリンク

ウェブマスター認証のための操作

ウェブマスター認証はgoogleとbingについて必要です。

それぞれの操作をまとめます。

スポンサーリンク

Google search consoleの場合

1.google search consoleの登録

ここでは割愛させてもらいます。気が向いたら、これについても詳しく書く  かも

2.プロパティを追加

URLを入力し、続行ボタンを押すと、コードが出てくるらしいですが、僕がやったときは出てこなかったので、いつでも確認できるっぽい方法を書いておきます。

サイドバーの設定→ユーザーと権限→一覧の右端の点々(赤枠)→プロパティ所有者の管理

表示される画面で、”別の方法で確認する”をクリック

確認方法”HTMLタグ”を選択

タグが表示される。content=” ~”の~部分をコピー。

wordpressのAll in One SEO Packの設定画面にペースト

All in One SEOメタタグ貼り付け箇所

スポンサーリンク

Bingの場合

1.Bing Webマスターツールへアクセスし、Microsoft、Google、Facebookどれかのアカウントでログイン

2.管理画面でサイドバーの”サイトの追加”をクリック

Bing webマスターツール管理画面説明

3.表示される画面のURL入力欄に自分のサイトのURLを入力し、”追加”ボタンをクリック

4.<meta>タグをコピーして、All in One SEO Packの設定画面でコピーしたコードをペースト

All in One SEOメタタグ貼り付け箇所

コメント

タイトルとURLをコピーしました