トレード日記毎日更新中!

FX×心理

FXバックテスト

楽天ポイント

【FX】自分の得意なチャートパターンを見つけ安定して利益をあげよう

スポンサーリンク

世の中にはいろんなチャートパターンがあります

このパターンが形成されたらそのあと上がるとか下がるとかっていうのがたくさんあります

ダブルトップやヘッドアンドショルダーとかはとても有名です

それ以外にもいろんな指標と組み合わせてこの条件がそろったらエントリーするというルールが人それぞれあると思います

この記事では、最近僕がトレードしていてうまくいくなーと思っているパターンを書いていこうと思います

とてもありふれたものかもしれないし、全然あてにならないものかもしれないし、全然値幅とれてないから使い物にならないと思うかもしれませんが初心者の人にとってはチャートを見るときの着目点のヒントぐらいにはなるかも

関連記事:自分の手法が決まったらトレードインターセプターでバックテストをしよう

スポンサーリンク

移動平均線もいつかはつきぬける

トレンドが形成されているときは、チャートは波打ちながらトレンドの方向に推移していきます

その波がどこで跳ね返るかを見極めてエントリーすることで利益を大きくすることができます

下の図のような下降トレンドなら波の上側はどこになるのか予測してそこでショートでエントリーしたいですね

その跳ね返るポイントの一つの目印が移動平均線です

下の画像ではチャートがそういう形になっています

“移動平均線で跳ね返す前提でのエントリー”はひとつの作戦になると思います

ですが、トレンドにもいつかはおわりが来ます

そのときには当然、ろうそく足は移動平均線を横切る形になります

順張りがFXのトレードの基本だということは大勢の人がいっていることで、たいていの場合それは正しいんだと思います

しかし、それに固執しすぎてしまうと1回の損失が大きくなりそれまでの利益を吹き飛ばしてしまう可能性もあります

移動平均線とローソク足が接触して跳ね返るはずのところをすぎても、ローソク足がトレンドの方向に戻ろうとしないときがあります

それでも、”少しくらい移動平均線に食い込んでもそれは誤差だ”と思って、損切を怠ると、そこが実はトレンドの転換点で、損切りしなかったせいで大きな損失を被ることになってしまいます

僕はこれまでそういうパターンにはまることが多かったように思います

なので、今度はそれを逆手にとってエントリーの目印にすることにしました

最近うまくいったときのチャートパターンが下の図

平均線を割って大きめの陰線がでたところでエントリーしました

そのあとの動きはこんな感じ

最大10pipsくらいとれそうな値動きになりました

もし、もう一度移動平均線の上側までいくようなことがあれば、上昇トレンドの継続の可能性もあるので一度決済して入り直しが必要です

スポンサーリンク

まとめ

この平均線をブレイクしたときにエントリーする方法、シンプルでそれなりに発生頻度もあるのでいい方法だと個人的には思ってます

ただ逆張り気味のエントリーの仕方なので予想を外したと思ったら素早く損切りすることが必要かもしれません

コメント

タイトルとURLをコピーしました