トレード日記毎日更新中!

FX×心理

FXバックテスト

楽天ポイント

【株式・FXトレード】無知に訴える論証

スポンサーリンク

FXや株のトレードをやっているならこの後相場がどう動くかはできるものなら誰しも知りたいところ

特に初心者のころは自分でどう予想を組み立てていけばわからないので雑誌やTwitterで他の人が言っている予想を参考にすることが多いでしょう

それを信じてトレードするのもなしとは言い切れませんが、情報の取捨選択を間違わせる人間の心理的癖をしっておくことは必要だと思います

この記事では”無知に訴える論証”と呼ばれる心理的傾向について書いていきます

スポンサーリンク

無知に訴える論証

超常現象に分類さえているものごとは、たいていが無知に訴える論証という誤謬の結果です

これは簡単に言うと、矛盾する証拠がないという理由でなにかを正しいとか間違っていると考えることです
何が真実かわからないのだから、どの説明を信じてもよいはずだと思い込んでしまうのです

夜空に不思議な光が浮かんでいるとき、それはエイリアンの宇宙船かもしれないし、そうでなくて遠くのヘリコプターの光かもしれません

この2つの説明が当たっている確率はだいたい同じぐらいだと思ってしまうのがこの心理的傾向です

今見えている光だけではそれがエイリアンの宇宙船だと考えることは間違っていると証明することはできません
間違っていると証明できないから正しいかもしれないと考えるわけです

スポンサーリンク

そのチャート分析の説明本当に正しい?

チャート分析や相場の見通しの情報がネットにはあふれています

チャートの動きというのもよくわからないものの1つだと思います

チャート分析に基づいた予想はそもそもどの時間軸で見るかによって上に行くか下に行くかも変わってくるもので予想があったったかはずれたかを判断するのも難しいですが、その予想にくっついている説明が正しいかどうかはわかりません

当然、その説明は実際のチャートの形をもとに組み立てているものでその前提と現実が矛盾していることはないでしょう

その前提をもとに組み立てられた説明を否定することも難しいでしょう
組み立てられた説明を支持する材料だけを集めて説明の根拠としているのでそれに反論することは初心者には難しいです

予想を述べる人はわざわざ説明と食い違うようなチャートパターンとかインジケーターのサインを取り上げたりしません

こうして一見矛盾なく組み立てられた説明を鵜呑みにしてはいけません

その相場予想を否定できる根拠がないとしても常に人の予想通り、セオリー通りに動くわけではないのが為替や株式の相場です

自分なりの考えを持って、またそれが間違いだった場合のリスクをどれだけ許容するかという心の準備をしてトレードに臨みましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました