PBR 株式投資・FX用語集

スポンサーリンク

Price Book-value Ratioの略。日本語では株価純資産倍率とあらわされる

株価が割安か割高かを判断するための指標

PBR=株価/1株当たり純資産(BPS)

純資産に対して現在の株価が割安かどうかを見るために使う

株価が直前の本決算期末の「1株当たり純資産」の何倍になっているかを示す指標

スポンサーリンク

PBR=解散価値

PBRは株価を1株当たり純資産で割って計算できる

純資産は、会社の資産のうち株主全体で保有している資産で、仮に会社が活動をやめて資産を分けた場合に株主に分配される資産であるため解散価値とも呼ばれている

それを1株当たりで表したのが1株当たりの純資産

これに対する株価の比を表すのがPBRなので、PBRの値が小さいほど純資産に対して株価が割安であるということがいえる

株価が1株当たり純資産と同じ金額のとき、PBR=1となる
このとき株価は純資産相応の市場価値で扱われているという見方ができる

これより安い(PBRが1より低い)ときは会社が解散したときに分配される資産より安い価格で取引が行われているので割安と考えることができる

一方で、PBRが低い状態が長く続くということは、投資家間ではその状態が本来の企業価値であると判断されている見方もできるため、ただ単にPBRが低いからという理由だけで割安と判断し飛びつくのではなく他の指標も合わせた総合的な判断が必要

PBRが1を割っても割安でないと判断される例として、今後赤字になる、あるいは、財務諸表に表れない含み損失がある、などが考えられる

”割安株を買うべき”という考え方の裏には割安な株価はそのうち妥当な株価まで戻るはずという考えがあるため、もとに戻る(PBRが1まで戻る)見込みのない銘柄は買うべきではない

スポンサーリンク

PBRは短期取引には向かない

×の画像

PBRは、分母が純資産であるため、企業の短期的な株価変動に対する投資尺度になりにくく、また、将来の利益成長力も反映しにくいため、単独の投資尺度とするには問題が多い

ただし、一般的にはPBR水準1倍が株価の下限であると考えられるため、下値を推定する上では効果がある

更に、PER(株価収益率)が異常値になった場合の補完的な尺度としても有効である

スポンサーリンク

BPS(1株当たり純資産)の求め方

難しそうな計算式

1株当たり純資産(BPS)は純資産(株主資本)を発行済株式数で割って求める

以前は「自社株を含めた発行済株式数」で計算していたが、「自社株を除く発行済株式数」で計算する方法が主流になりつつある

企業の株主還元策として自社株を買い消却する動きが拡大しており、より実態に近い投資指標にするための措置である

コメント

タイトルとURLをコピーしました