トレード日記毎日更新中!

FX×心理

FXバックテスト

楽天ポイント

[心理]サンクコスト効果 うまくいかない投資にしがみつくのはなぜか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここまでやったのにやめたらもったいない

ある会社が長年続けてきた事業があるとします。かなり力を入れてやってきた事業で、設備投資もたくさんしてきました。しかし、事業立ち上げ時から時代は変わり、その事業の先行きはあまり明るくありません。

あなたが、社長ならその事業をどうするでしょうか。これまでの労力がもったいないからこれからも続けるか、思い切ってその事業をやめるか。

前者のように、これまでの労力のもったいなさから方向転換ができないというような心理的効果をサンクコスト効果といいます。

サンクコストはsunk cost、日本語では埋没費用といわれ、回収不能なコストのことです。

スポンサーリンク

日常生活のサンクコスト

私たちの身近なところにもこのサンクコストは潜んでいます。

私の場合は、服や日用品など買ったけど、結局あまり使わないというものがそうです。なかなかこれが捨てられません。

また、読み始めた本があまり面白くない、買ったときに想像した内容と違うという場合、それを買うのにかかったお金や、途中まで読むのに費やした時間がもったいなくて、最後まで読むということもあります。

これくらいのことなら些細な事であまり大きな悪影響はないかもしれませんが、時と場合によっては、機会の損失につながることも考えられます。

最初の会社の例でいうと、今後も不採算事業を続けることで、他の有益な事業に回すことのできる資金が減ってしまいます。

このように過去の失敗を認めることができず、きちんとした判断ができない状態になることが人間にはあるのです。

スポンサーリンク

サンクコスト効果に足を引っ張られないために

では、どうすればこの効果に悩まされずに正しい判断ができるのでしょうか。

私は、そこまでの無駄に思える過去の失敗も、いつか自分に役に立つ寄り道だったと思うようにします。

もし、初めから正解のルートを歩いていたら、見れなかった景色が失敗をすることで見えたと思うんです。そう思えば、これまでの時間やお金や労力の投資ももったいないと思わずに次の選択に進むことができると思います。

スポンサーリンク

まとめ

誰もが感じたことがあるであろう感情だと思いますが、こんな風に名前がつくと、この言葉を知っているだけでなんか物知りっぽく聞こえますね。知り合いにひけらかしてみてはどうでしょうか。

日常生活でも、仕事でも過去の選択に引っ張られず、今の時点で最も正しいと思える選択をできるようになりたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました