トレード日記毎日更新中!

FX×心理

FXバックテスト

楽天ポイント

野球の話#3_ドア

スポンサーリンク
スポンサーリンク

玄関と裏口

今回はドアの話です。野球のドアといえば、ホームベースについてるあれですね。

黒田投手の得意技として話題になりました。最近ではニュースなどではあまり聞かなくなりましたが。

今更って感じの話題ではありますが、一応私の中では新しい方の言葉なので書いてみます。

フロントドアとバックドア

ホームベースを家、両側面をドアに見立てて、そこから入ってくる球なので、バッターのインコース、ボールからストライクになる球をフロントドア、アウトコースのボールからストライクになる球がバックドアといいます。

野球の言葉なのに、そんな風に例えるなんて面白い表現ですよね。

ちなみに、ホームベースの形は野球ができたころは他のベースと同じ四角形だったそうです。しかし、それだとストライクゾーンの判定が難しい。そこで、ストライクゾーンの両端に当たる角の部分が辺になるような五角形になったそうです。

ストライクゾーンの左右の判定はボールがベース上を少しでもかすめればストライク判定です。最初の四角形のホームベースの時はピッチャーから見て右手前と左手前の角部分はボールだったのでしょうか。

その辺はよくわかりませんでしたが、ホーム=家という意味ではあの形になっているわけではないようですね、まあ、ベース(base)=基地とかそんな意味だと思うので当たり前といえばそうですが。

ドアの効果

私が現役で野球をやっていたときにこの”ドアの球”を投げられたことはないので、どれくらい効果があるかは想像しかできませんが、ちゃんと決まれば、打つのは難しい球だと思います。というか、そんな球がちゃんと投げれる投手なら、アウトコースのストライクからボールになる変化球で私は空振りしてしまうと思います。。。

ただプロとかレベルが高くなってくるとそういうのも見極める選手も多くなるし、長いイニングを投げるために一つのアウトに使う球数を減らすにはこういうストライクゾーンで勝負する球も必要なんでしょうね。

インコースのボールからストライクに曲がる球ってめちゃくちゃ怖いですよね。昔、私が読んでいたマンガでは肩口から入ってくるカーブは甘い球としてよく打たれていた印象ですが、それも、私は怖くて打つの難しくない?と思って読んでました。

それが、ツーシームやカットボールみたいな速い系の球で来るのですから。どうやって打てばいいかわかりません。プロの打者はどういう考えで打ってるんでしょうか。まっすぐボールゾーンにきたとしても打ち返す、ぐらいの感じでしょうか

バックドアも難しい球です。アウトコースの見極めなんかストレートでも難しいのに、そこからどっちに曲がるかも見極めないといけない。大変です。

審判も大変です。さっきも書いたようにホームベースの角をかすればストライクなので、ピッチャーから見て奥側の左右の角をかすったときなんか、真上から見ないとわからないと思います。

まとめ

フロントドア、バックドアのことを書こうと思って書き始めましたが、ホームベースの形の話が一番勉強になりました。皆さんも友達にこの豆知識をひけらかしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました