トレード日記毎日更新中!

FX×心理

FXバックテスト

楽天ポイント

【ダニング=クルーガー効果】うぬぼれ?自信なさすぎ?自己評価を正しくするのって難しい

スポンサーリンク
町一番の<br>ゲーマー
町一番の
ゲーマー

友達には1回もスマブラで負けたことないし、大会にでるぞ
優勝間違いなし!

大会当日

優しそうな少年
優しそうな少年

よ、よろしくね

町一番の<br>ゲーマー
町一番の
ゲーマー

弱そうだな。1回戦は楽勝だ!

試合後

町一番の<br>ゲーマー
町一番の
ゲーマー

負けた!まぐれに決まってる

県一番の<br>優しそうな<br>少年
県一番の
優しそうな
少年

全然大したことなかったなー

自分ではかなり強いゲーマーだと思っていたのに大会に出ると大したことなかった

とっても恥ずかしい出来事ですが、これは人間の基本的性質で誰にでも起こりうることです

この自分の評価を正しくできない特性はダニング=クルーガー効果と呼ばれます

ゲーム大会の参加費くらいならまだいいですが、自己評価がずれてるせいでより大きな痛手を負わないように人間の自己評価の特性を勉強しておきましょう

スポンサーリンク

なぜ自己評価を間違えるのか

人はあるテーマについて知らなければ知らないほど、知るべき知識の総体も小さいと思い込む傾向があります

多少の経験を積んで初めて、まだわかっていない部分の広さや深さがやっと見えてくるのです

内輪で歌がいちばんうまいといわれている人が調子に乗って普通レベルの歌をYoutubeにどや顔でアップロードする一方で、大学である程度専門的な知識を身に着けた人がネットで専門分野についてあまり語らなかったりするのはそういうことです

カラオケに行く仲のいい人たちという狭い世界で歌の良しあしを比較しているだけでは自分の評価もその狭い世界のなかだけのものになり、その中で少しでもうまい部類に入れば自分への評価は過大になりがちです

一方で大学で4年間も専門分野を勉強すれば、知識を蓄えていく中でその分野の奥深さや難しさにもたくさん直面します
その中で自分が特別優れているわけではないという評価を自分にしてもおかしくありません

こんなふうに自己評価は自分が評価基準とする世界の広さによって変わってくるものなのです

スポンサーリンク

ダニング=クルーガー効果が発動するとき

ダニング=クルーガー効果はどんな時も必ず作用するというわけではありません

過大評価するときと過小評価するときでどんな人に効果が発動するかは変わったりもします

ダニング=クルーガー効果発動の特徴
  • やさしい問題では正のバイアスが作用し、できない人ができたと錯覚します。
    最もできる人が、できたという錯覚が小さくなり自分の実力を最も正確に評価できます。
  • 難しい問題では負のバイアスが作用して、できる人ができなかったと錯覚します。
    最もできない人が最も正確に実力を評価できます。逆にできる人は過剰にできなかったと評価します。

絵で説明するとこんな感じ

ダニング=クルーガー効果説明
できない人
できない人

あいつよりできた気がする!

ダニング=クルーガー効果説明
できる人
できる人

全然できなかった。。。

2人の自己評価だけでみると簡単な問題も難しい問題もできない人ができる人より上手くいったことになっています
一方で実力はできる人の方が上という、できない人にとってはうぬぼれが加速してしまう結果になっています

これはかなり極端な例だと思いますが。

さっきも書いたように、この効果の裏には経験の差があります。

技能が高い人ほど、そのための訓練を積んでおり、経験も豊富だから、自分の力を他社と適切に比較できます。
一方、技能の低い人は、それほど訓練もしておらず、経験が乏しいため、人よりできるか適切に判断できません。

能力の低い人にとっては恥ずかしい自己評価をしてしまう厄介な効果ですね

スポンサーリンク

投資の世界でもダニング=クルーガー効果がある?

心理学の記事を書くたびに最後に投資、FXに無理やりでもつなげたコメントを書いているので、この記事でも書いてみます

投資やFXでは初心者はいきなり大きい額で突っ込みがちです

特に最初のトレードでうまくいってしまった場合はその傾向は増強されます

FXは特に一撃で大きい金額を稼ぐというイメージがあるのでその傾向が顕著です

コロナショックとかフラッシュクラッシュとか多くの人が多額の損失を出した出来事を経験していないのでリスクの見積もりが甘くなります

その結果、初心者にとってトレードは”簡単な問題”となり実力より自己評価が高くなります

そして無理なトレードをやっているうちに大損して退場というのが最悪シナリオです

一方、トレードを長く経験している人はいろんなイベントを経験していますし、成功や失敗の経験もたくさんしています

そのため、自分を過大評価することはないのでリスクを取りすぎることが初心者より少ないです

それでもトレーダーとして大成功まで行ってない人は自己評価が実力より低すぎていることが考えられます

トレードを自分にとって”難しい問題”ととらえてしまい自己評価が低くなり実力通りのトレードができていないのかもしれません

ここからさらにトレード経験を積んでいき、実力と自己評価が近づいてきたときにさらに成功する可能性もあると思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました